FC2ブログ

Openofficeを使う選択

最近は、自治体でOSをLinuxとしたり、
OfficeをOpenofficeにして、
経費削減を図る取組みがよく紹介されます。

OSをLinuxはさすがに、
慣れた人でないと厳しいとは思いますが、
Officeに関しては、一考の余地ありです。

とりあえず、家庭で考えた場合には、
家で仕事をバリバリやることがなければ、
マイクロソフトのOffice無しのPCを
購入でいいと思ってます。

学生さんとか今後社会人として使う方にとっては、
勉強用にOffice触っておくのも必要だとは思いますが。

家庭としたときには、MS Officeを使う機会は少ないですし、
使うときに、体験版を入れてもいいし、
Kingsoftで安価なOfficeものを代替することでも十分足ります。

そして、OpenOffice(フリーソフト)を
使うことで十分だと思います。

OpenOfficeを知らない人のために、書きますと、
フリーで配布されているオフィス統合ソフトです。

マイクロソフトのOfficeは、PCの基本となっていますが、
(2010はちょっと、名称が変わっているので省略)
Excel、WordがPersonal
さらにPowerPointがつくと、Standard
(2007だと with PowerPointという名称)、
さらにAccessまでつくと、Professionalという名称で
区分されています。

大きく、PCにプリインストールか
パッケージ版(またはダウンロード版)を購入するのが、
一般的ではあります。

OpenOfficeは、
Excelに対応するCalc、
Wordに対応するWriter、
PowerPointに対応するImpress、
Accessに対応するBase
がすべて入っているソフトです。

画面のインターフェースが
マイクロソフトのOfficeと似てます。
(正確にはver2003までと似てる)
PDFに変換する機能とかまでついています。

これが無料なのが、ほんとにすごいです。

自宅PCだけで完結するデータを作るだけなら、
OpenOfficeで十分です。

ただし、問題はマイクロソフトOfficeと互換性です。

マイクロソフトのOffice形式で保存できますし、
最近はだいぶ改善されているようですが、

Excelでいうとマクロや関数が使えないものがあったり、
そもそもレイアウトが崩れるとか問題はあります。
(Kingsoft等の有料Officeは、互換性は少し高い)

ということで、
ビジネス用で考えた場合に、ネックになるのがこれです。

自治体で導入が広がっている背景としては、
内部で完結するデータが多いから、ということが
関連していそうな気がします。

一般的な企業はマイクロソフトOfficeを使っているため、
取引先対応という意味から
OpenOfficeは導入しにくいことはあります。

とはいえ、無料で使えますので、
マイクロソフトOfficeが必要でない場所があったら、
どんどん活用していってもいいと思ってます。

自分の会社で言えば、研修用マシンとか。
PowerPointを買わずに、Impress使うとか。

システム管理者としては、
単にいろんなものを導入するだけでなく、
全体の費用感もつかんでいって、
削減する努力もしていくことも必要です。

パソコン買うときに、
OfficeもWeb版が出てきていますし、
マイクロソフトOffice必須って考えも
徐々になくなってくるのかもしれません。

ちなみに企業用としては、マイクロソフトのOfficeを
パッケージではなく、ライセンスで管理する
Volume Lisenceという仕組みもあります。
ちなみにこれは、StandardとかProfessionalを
標準導入している会社には、コストメリットもあります。
企業全体で保有しているライセンスが管理しやすくなる仕組みです。

最後にOpenofficeのことに戻りますが、
オープンソースならではで、いろいろ派生しているソフトがあります。
最近では、Linuxに導入されていることもある
LibreOfficeが主流にもなりつつあるようです。

管理者としては、
OpenOfficeのニュースとかは
気にしていたほうがいいかもしれませんね。

まずは、自宅のパソコンにでも。

参加中!もしよかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

テーマ : フリーソフト
ジャンル : コンピュータ

緊急地震速報をパソコンで受信する方法

PConlineで、便利だな~と思った記事を紹介します。

この記事です。

緊急地震速報をパソコンで受信する方法について
書いてあります。

記事見た人はちょっと重複するかもしれませんが、、、

震災から緊急地震速報が活躍しています。

予想だにしない事態が続いていることで、
小さな震度になったり、誤報も確かにありますが、
緊急地震速報は、そもそも予知ではなく、
実際に起こった地震から、地域の震度を予測します。

速報があったら、地震が発生したことは確かで
備えるに越したはありません。
また鳴った!と安易に考えてはいけないですね。

緊急地震速報は、
テレビやラジオ、
携帯でも、比較的新しいモデルなら
ドコモやauは対応しています。

ソフトバンクも夏モデルから対応すると
先日発表されていました。

スマートフォンは標準では搭載していないため、
iPhoneの緊急地震速報通知アプリ「ゆれくるコール」
Androidでも地震速報通知アプリ「なまず速報」
が変わりになるようです。

便利なアプリなので、スマートフォンを
持っている方は、入れておくことをおすすめします。

では、パソコンではないのか、というのが記事の内容でした。
「SignalNow Express」というフリーソフトは
パソコンに常駐起動させておくことで、
緊急地震速報、
具体的には、予測震度、到達秒数等を
ポップアップしてくれる(警告音有り)ものです。

ダウンロードはこちら

サイトを見ると、使っている人が増えているのか
サーバーやネットワークを増強しているようでした。

ということで、さっそくインストールしてみました。
ダウンロードとライセンス発行という作業がありますが、
簡単にできました!

訓練で動かしてみたらうまくいきました。
記事でもありましたが、
確かに市町村単位まで指定できると
さらにうれしいなと思いました。

ほんの少しの時間かもしれませんが、
緊急地震速報があったら
準備することもできるかもしれません。

まだ余震もありますし、
今後の地震のためにも
ある機能は有効に使っていきたいですね!

参加中!もしよかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

テーマ : フリーソフト
ジャンル : コンピュータ

バックアップツール「RichCopy」「BunBackup」

昨日に引き続き、バックアップの話です。

RichCopy」と「BunBackup」は
フリーのバックアップツールです。

RichCopy」は
Windowsのrobocopyというコマンドを
GUIで見やすい形にしたソフトです。

日本語化もされていて、
コピー元とコピー先を選択する形の
わかりやすいものです。

フォルダの同期や差分バックアップ等に
使える無償ツールです。

RichCopyは、
比較的コピー速度も速く、
コピー先に新しい同じファイル名のファイルがある場合、
コピーが行わないとか、コピー先のファイルは削除しないとか
オプションで設定できます。

デフォルトではすでにあるファイルは省略され、
新しいファイルのみがコピーされるため、
2回目以降のバックアップ時間を短縮できるいう
使いやすさもあります。

無料で使えるソフトですので、
PCのバックアップ用としても、
ファイルサーバーのファイルバックアップや同期用途として
使ってはいかがでしょうか?
ちなみに同期をとるということで、
世代管理はできませんので、
管理者の方は、注意が必要かもしれません。

Richcopyの参考になる記事です。

世代管理をしたい方は
BunBackup」というフリーソフトも同じくらいおすすめです。
比較して、こっちを奨めているサイトもあります。

簡単でバックアップも高速で、
同じように2回目のバックアップ時間を短縮するキャッシュとかあります。
なんといっても、世代管理ができるのがいいと思います。

ダウンロードはこちらから

ファイルやフォルダのバックアップならば、
こういったフリーソフトが充実していますので、
ファイルサーバーのバックアップとかに活用できます。

メインシステムが動くサーバーに関しては、
早期の復旧が望まれますので、
イメージコピー等復元が簡単にサーバー用の
バックアップソフトを使うことが必要だと思います。

参加中!もしよかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

テーマ : フリーソフト
ジャンル : コンピュータ

tag : バックアップ にわか管理者

おすすめツール「WindowsServerバックアップ」

久々、管理者向けの話題で「バックアップ」です。

現時点の最新のWindowsサーバーOSは
WindowsServer2008 R2」ですが、
WindowsServer2008からは、
WindowsServerバックアップというソフトが
標準で付属しています。

これがわかりやすくて、
中小規模の企業でサーバー台数が少ない会社には
おすすめしたいです。
2~3台くらいであれば、管理もとても楽です。

サーバーのバックアップソフトは
BackupExec、ARCserveとかが定番ですが、
購入すると10万円以上するのが普通です。

いい値段の分、当然機能は豊富で、
ネットワークにあるPCのバックアップがとれるとか
テープの管理とか世代管理とか
ローテーションスケジュールとか細かい設定が可能です。

また、オプションでレプリケーション(同時複製)とかできて
障害対策という意味でも充実しています。

自分も一応、ARCserveは使っていますが、
わかりやすいとは言われながら、
正直使いこなせてないのが現状です。。。

2003までは、Windowsの標準バックアップ
ntbackupというもので、
使い勝手がよくなかったので、導入していましたが。

ちなみに、ARCserve D2D
(ドライブからドライブのバックアップ)という
わかりやすいソフトもあるので、
それもわかりにくい方には、いいかもしれません。
自分も試してみましたが、使い方もわかりやすかったです。
(体験版もありますので気になる方は!)

本題の
WindowsServer2008に付属している
WindowsServerバックアップですが、
外付けHDDだけ用意すれば、簡単設定です。
もちろん、付属なので無料です。

しかも使いやすい!というのが自分の印象。

WindowsServerバックアップで設定することにより、
外付けHDDがそのサーバー専用のバックアップ先となります。
そこにスケジュールでデータが日々バックアップされていきます。

復元もバックアップ先のHDDを指定して、
復元したい日付を選択すれば、簡単な作業です。

問題は、全体の復旧しかできないことと言われてましたが、
最新のWindowsServerバックアップになると、
フォルダやファイル単位の復元も可能になっていました。

バックアップ先も外付けHDDとしましたが、
内蔵HDDでも共有フォルダでも使えますので、
使い勝手で変更可能です。

お金を使わずにシンプルな使い方のソフトなので、
まさに、にわか管理者にうってつけなのかもしれません。

とにかく、自分はWindowsServerバックアップでも
十分だとは思っていますが、
企業によって、必要とする機能もあると思います。
有料ソフトでも、体験版とかはだいたい出ていますので、
比較して使い勝手を比べてもいいかもしれません。

ちなみにネットジャパンでは、
ActiveImage Protector IT Pro Edition災害支援版
として、通常有料ソフトを
平成23年6月20日までの有効版として無償配布しています。

災害支援対策の一貫ですが、
こういった無料でソフトを配信する社会貢献も
素晴らしいですよね。

参加中!もしよかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

テーマ : フリーソフト
ジャンル : コンピュータ

tag : にわか管理者 Windows バックアップ ネットジャパン

圧縮・解凍ソフト「Lhaplus」

今日は、昨日に引き続き、
定番フリーソフトの紹介です。

圧縮・解凍ソフト「Lhaplus」を
紹介していきます。
知っている人は今日もスルーしてください。。。

ダウンロードはベクターから

圧縮・解凍ソフトの使い道ですが、
ファイルやフォルダのサイズを小さくしたい場合、
フォルダごとメールで送りたいときとか、
圧縮機能を使います。

あとは、ホームページでダウンロードさせるために
圧縮したデータをサーバーにアップさせたりもします。
ソフトをダウンロードするとき、
圧縮ファイルになっていると思います。

その逆で、圧縮されたものを
元のフォルダやファイルに戻すことが解凍です。

自分のイメージは、圧縮・解凍という用語ですが、
段ボールの箱(フォルダ)に詰めて梱包=圧縮
箱をあけた状態=解凍
で捉えています。あとは布団圧縮袋みたいなイメージで。

圧縮・解凍ソフトは、いろいろ出ていますが、
基本的には、フリーソフトです。
LhacaとかLhazとかいろいろありますが、
自分のおすすめは、「Lhaplus」です。

圧縮の形式も代表的なzipとかlzh以外にも
いっぱいあるので、解凍するときは、
その形式に対応していることが必要です。
どのソフトもだいたいの形式に対応しているので、
どれでもいいっていうことは、正直あります。

とはいえ、自分が「Lhaplus」をおすすめしたいポイントとしては、
「パスワード付きの圧縮」ができることにあります。
あとはどうでもいいですが、
圧縮ファイルしたファイルのアイコンがけっこう気に入ってます。

企業でも、セキュリティが求められる場合に、
パスワードを付けられるということは、大きなメリットです。
メールでデータを送る際に
重要データはパスワードを付けて送るルールとしている
企業も増えてきていると思います。

セキュリティを高めるために暗号化がいいのですが、
方法や手間からすると、そこまで簡単にいかないので、
とりあえずの方法としてです。

企業で圧縮・解凍ソフトとして、推奨するのは、
「Lhaplus」がいいと思います。

ちなみにWindows XPからは、
標準でZip形式の圧縮ファイルを開けたり、
パスワードはつけられませんが、
右クリックからのZip圧縮を使えたりもします。
XPの機能としての解凍は、フォルダを開くだけで、
完全な解凍ではなかった記憶があります。

家庭でも圧縮・解凍ソフトは使う機会は何かと多いので、
「Lhaplus」をとりあえず入れておくといいとですよ。

参加中!もしよかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

テーマ : フリーソフト
ジャンル : コンピュータ

tag : フリーソフト にわか管理者

アクセスカウンター
全記事一覧

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

tatsu

Author:tatsu
小さな会社のサーバー・システム・ホームページ等管理者。
素人だったので、資格取得したり勉強してきました。
(まだまだにわか管理者)
知らない人が少しでも有効になる情報があればと思います。
ちなみに社会保険労務士の有資格者です。(こっちが専門?)

相互リンク募集中!
比較的同じ内容だったらOK。
コメントください。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ランキング
[ジャンル]
コンピュータ
707位
詳細を見る>>

[サブジャンル]
その他
138位
詳細を見る>>
カテゴリ
楽天市場
RSSリンクの表示
リンク
リンク2

ライブチャットで女性を口説き、実際に会う方法を紹介します。

一般外科の医師の募集・求人情報と転職支援なら

当たる競馬予想会社を格付け・比較する

在宅・訪問診療の医師の募集・求人情報と転職支援なら

サクラ情報や悪質サイトの口コミまとめ情報!

被リンク増やす君
被リンクを増やすなら
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる